コールサイン

アマチュア無線局のコールサイン

アマチュア局には呼出符号(コールサイン)が割り当てられる。アマチュア局は国際通信をおこなう無線局であることから、コールサインは世界でひとつになるように割り当てられる

プリフィックス

プリフィックス[Prefix]は国際電気通信連合(ITU)が定める国際呼出符号
字列分配表に基づいて国や地域に割り当てられる
日本の割り当て字列は、JA~JS、7J~7N、8J~8N

JA・JH・JR・JE・JF・JG・JI・JJ・JK・JL・JM・JN・JO・JP・JQ・JSの順に割り当てられる
7Jは外国人※、8Jは特別記念局、JDは小笠原に割り当てられる
JBとJCはアマチュアには使用されていない
(※現在は在日外国人にも日本人と同じコールサインが割り当てられるケースが多くなっている)
関東地方のみに、7K・7L・7M・7Nが割り当てられている

国際字列の次の数字は地域を表すエリアナンバー(地域番号)
日本の場合は、各地方総合通信局の管轄地域を表しています。

日本のエリアナンバー 地域番号

1 -関東総合通信局 -東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨
2 -東海総合通信局 -愛知、静岡、岐阜、三重
3 -近畿総合通信局 -大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山
4 -中国総合通信局 -岡山、広島、山口、鳥取、島根
5 -四国総合通信局 -香川、愛媛、高知、徳島
6 -九州総合通信局 -福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄総合通信事務所 -沖縄 (JR6,JS6)
7 -東北総合通信局 -宮城、福島、岩手、青森、秋田、山形
8 -北海道総合通信局-北海道
9 -北陸総合通信局 -石川、福井、富山
0 -信越総合通信局 -長野、新潟

例外として7K~7Nは1~4の数字が割り当てられるが、これらはエリアに関係なく、すべて関東(1エリア) また、JR6(JR6QUA 以降)とJS6は沖縄に割り当てらる

サフィックス

サフィックス[Suffix]はアルファベット(A~Z)の組合せで、AAA・AAB・AAC・・・・というようにアルファベット順に割り当てられる。
このアルファベットの1番目をトップレター(ファーストレター)、2番目をミドルレター(セカンドレター)、3番目をラストレター(テールレター)という 個人局にはAAA~XZZ、社団局にはYAA~ZZZが割り当てられる またJAの古い個人局にはAA~ZZのサフィックスが2文字の局も存在する

関東、東海、近畿、九州ではコールサイン不足で閉局したものを再割り当てしている

日本ではQ符号と重なるQRA~QTZ及び遭難信号等のSOS, OSO, などは割り当てしない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です